お問合せ
Pocket

送り出し国の紹介About us

モンゴルについて

技能実習生受入れ国は現在、
フィリピン・ベトナム・モンゴル・ネパールです。

モンゴルモンゴル

モンゴル

英語表記 Republic of the Philippines
面積 299,404平方キロメートル(日本の約8割)。7,109の島がある。
人口約 9,750万人(2013年)
首都 マニラ首都圏(人口1,155万人)
言語 タガログ語、英語
宗教 カトリック83%、その他キリスト教10%、イスラム教5%
識字率 92.2%

技能実習生を迎えるにあたり様々な国から実習生が送り出されますがその国の一つにモンゴルがあります。
モンゴル人技能実習生を受け入れるにあたりモンゴルという国とモンゴル人の特徴についてご紹介させていただきます。
モンゴルは中国の北に位置し、ロシアと隣接するウランバートルを首都に置く内陸の国家です。モンゴル全体の人口は約320万人。その中で首都ウランバートル市では約149万人。国土の面積は約156万平方キロメートルで大体日本の4倍の広さです。国家公用語としてモンゴル語が使われております。


モンゴルの特徴①

モンゴルは非常に広大な国土がありますが、その79%が草原です。遊牧民文化が根付いているモンゴルですが、首都ウランバートルは非常に近代的で高層ビルが立ち並んでいます。そのため、モンゴル人のお仕事は都会的な仕事と遊牧民的な仕事に大きく分かれています。

モンゴルの特徴②

モンゴルは標高1500mの高原に位置している国家です。
標高が高いことにより何が起こるかといえば、高圧と気温が下がることになります。夏は最高気温が+25℃前後なものの冬は-25℃前後の寒さにさらされることになります。そうした環境で育ったため、寒い環境には強いものの暑すぎる環境には弱い可能性があります。


モンゴル人技能実習生の特徴①

負けずきらい
モンゴル人といえば相撲で有名ですよね。彼らの代表的な特徴の一つに負けずきらいというものがあります。
モンゴル人は非常に闘争本能が強く、勝負ことでは非常に良い成果を出してくれるでしょう。
ビジネスの場でそれがどのようにいきるかといえば、周囲との競争環境を作って上げることでしょうか。明確な目標や他人との成果を一目できるような仕組みを作っておけば、モンゴル人としての闘争本能に火つけて、上手く成果を出せる可能性があります。

モンゴル人技能実習生の特徴②

温厚、のんびり屋
力士の方を見ていれば伝わると思いますが激しい相撲をとる反面、その性格は非常に温厚です。また、のんびり屋ともいわれます。
モンゴル人の血は遊牧民ですので、日本人のように時間に追われるという概念があまりありません。もちろん全く守れないということではありませんが時間=絶対の意識は低いといっていいでしょう。
なので時間を守らせたい場合は、事前にしっかりと伝え含める必要があります。
また、計画性を持ってキチキチっとやることが苦手です。モンゴル人は大まかな方向性を決めたら、やりながら軌道修正をするという形です。業務上、そういった形式ではなく、決められた動きを計画的に行っていくという事業の場合、少し苦労することになるかもしれません。

モンゴル人技能実習生の特徴③

マイペース
モンゴル人技能実習生の特徴はマイペースです。のんびり屋と同じような意味になるかと思いますが、すこし違います。彼らは彼らの独自のペースを持っていて、それを乱されるのを嫌います。
現場では、みんなのペースを均一化するのが理想ではありますが、急がしすぎて自信の喪失やモチベーションの低下に繋がる可能性があります。長い目で少しずつ矯正して行くようなやり方が良いかと考えられます。

様々な職種で受け入れ可能です!

  • 建設業

    建設業

  • 製造業

    製造業

  • 介護

    介護

  • 農業

    農業

送り出し各国の紹介